トップページ > 物流Q&A

物流Q&A
トピックスの紹介
物件情報
物流Q&A
採用情報
プライバシーマーク
NetDepot
誕生日ブログ
グリーン経営認証
Fun to Share

物流Q&A

Q1.『一貫パレチゼーション』のメリットとデメリットを教えてください?

A1.フォークリフトを利用したトラックへの積み込み、積み下ろしができるため、作業時間短縮による人員コスト削減が最も大きなメリッ トです。着車から出発までの時間が短縮された分、トラックの運用効率も向上します。デメリットとしては、積載効率の悪化、空パレットの回収のためのコスト発生があげられます

Q2.『マルチモーダル』によって、CO2排出量を抑えられる輸送形態には何がありますか?

A2.鉄道や船舶があります。これらの輸送モードは大量商品の長距離輸送では運賃も抑えられますが、 リードタイムや、港湾での時間、荷役コスト、天候の影響など注意が必要です。

Q3.トラックの積載効率を上げるには、どうすればいいですか?

A3.トラックの荷室や、積み付けるパレットに対して、効率的な包装設計をすることが考えられます。また、荷の大きさや配送順序を勘案し、トラックに積み付けるシミュレーションのことを、ロードビルドプランニングといいます。

Q4.『SCM』(サプライチェーンマネジメント)とは何ですか?

A4.SCMはサプライチェーンを対象にしたロジスティクスの展開で、モノの生産者から消費者に効率よくモノを動かすための考え方、ソフトウエアのことです。

Q5.『LTL』とは何の略ですか?

A5.「less than truck-load 」の略です。トラック1車に満たない、中ロット・小ロットの貨物のことです。

ページトップヘ

Q6.『TC』とはどんな配送センターのことですか?

A6.「transfer center」の略で、通過型配送センターのことです。

Q7.『DC』とはどんな配送センターのことですか?

A7.「distribution center」の略で、在庫型配送センターのことです。

Q8.『PC』とはどんなセンターのことですか?

A8.「processing center」の略で、流通加工センターのことです。

Q9.『WMS』とは何の略ですか?

A9.「warehouse management system 」の略で、物流センターにおける在庫管理システムをいいます。

Q10.『TMS』とは何の略ですか?

A10.「transportation management system 」の略で、運送管理システムのことです。

ページトップヘ

Q11.ユニットロードを行うにあたり、どんなユニット単位がありますか?

A11.コンテナ、パレットなどが代表的ですが、その他にも一貫輸送するために統一された容器を使用すれば、ユニットロードと言われます。

Q12.『クロスドック』とはどういった輸送形態なのでしょうか?

A12.倉庫に在庫あるいは保管せず、複数の生産地から貨物を中継施設(ターミナル)に集め、配送先ごとに仕分け積み込みをおこない、一括納入を行うことです。ただし、本格的なクロスドックとは、ユニットロードをフォークリフト作業で行うという概念を指しますが、多品種少量の商慣習では現実不可能といえます。

Q13.『ノックダウン梱包』の流れを教えてください。

A13.部品・パーツの品揃えから仕分け、包装設計、梱包~出庫までの一貫作業となります。

Q14.『VMI』ってよく聞きますが、なんですか?

A14.「vender management inventory」の略で、直訳するとベンダー(供給業者)が管理する在庫。顧客と受注情報を共有し、ベンダー主導で欠品を出さないよう在庫を管理する方式です。

Q15.『才数』の計算方法を教えてください。

A15.1 才とは、立法尺のことです。1 才=0.0283 ㎥です。

ページトップヘ

Q16.『坪数』の算出方法を教えてください。

A16.1坪=3.305785㎡です。したがって平方メートルを3.305785で割れば算出できます。

Q17.『マルチテナント型』と『ビルドトゥスーツ型』には、どんな仕様の違いがありますか?

A17.物流ファンドの台頭により近年急増した10,000坪超級の大型物流センターの設計概念で、一般的に、マルチ~は複数企業入居型で汎用性の高い仕様、ビルド~は単独企業による完全オーダーメイドとして、設計建築されます。

Q18.『共同配送』することによってどんなメリットがありますか?

A18.同業種、異業種を問わず、荷物が車単位にまとまり積載効率が向上します。同業種の場合は、店舗などの降ろし先の作業効率化も図れます。

Q19.『PDCAサイクル』の意味を教えてください。

A19.ある活動に対して、Plan(計画)→Do(実施)→Check(検証)→Action (改善)をサイクルさせ、継続的改善を行うことです。

Q20.『3PL』を活用すればコストは削減できますか?

A20.単純にはいいきれませんが、いままで固定費だった物流コストが変動化され、さらに把握しやすくなります。改善や効率化も推進しやすくなります。