トップページ > 高品質の裏にあるもの > 5.内部統制への取組み

高品質の裏にあるもの

高品質の裏にあるもの

1.社員研修
2.改善への取組み
3.安全への取組み
4.環境への取組み
5.内部統制への取組み
6.品質管理(ISO)への取組み
トピックスの紹介
物件情報
物流Q&A
採用情報
プライバシーマーク
NetDepot
誕生日ブログ
グリーン経営認証
Fun to Share

5.内部統制への取組み

【経営リスク管理手法で企業価値最大化を目指す 】

企業経営を取り巻く多種多様なリスクを管理するための体制作りは、会社法や金融商品取引法 をはじめとして法的に強く求められている。弊社は、内部統制委員会を発足させ、この委員会 のもとに各種リスク管理を行う委員会等を設置し、経営リスク管理を徹底しております。
さら に、この経営リスク管理を通じて得た管理手法を事業・金融部門にも生かすことで、事業・金 融の最適化、企業価値の最大化を目指しております。

【経営リスクを明確化する】

経営リスクは、事業・金融リスク、財務諸表の信頼性リスク、コンプライアンスのリスク、資 産保全のリスク、情報システムのリスク、そして事業継続のリスク、に大別されます。

【内部統制委員会等で経営リスクを管理する】

この経営リスクを管理するため、弊社は、社長を委員長とする内部統制委員会のもと、内部統制 システムの整備を行っております。この整備は、経営全般リスクを管理する内部統制委員会、事 業・金融リスクの管理を行う予算委員会、コンプライアンスリスクを管理するコンプライアンス 委員会、等により実施いたします。
さらに、弊社は、業務執行部門とは独立した組織として監査 役、内部監査室を設け、経営リスク管理について万全を目指しております。

【事業・金融最適化と企業価値最大化を図る】

弊社は、この経営リスク管理を通じて得る管理手法を事業・金融部門にも生かすことで、事業・ 金融の最適化、企業価値の最大化を目指しております。事業の最適化は、改善提案制度等による 事業運営の効率化、及び新規事業案件を含めた厳格な投資採算管理による事業ポートフォリオの 最適化で達成します。
一方、金融の最適化は、事業計画に見合った長短借入金比率、株主資本比 率、等を決定し、調達資本コストを低減することで達成します。

【内部統制システムの整備に関する基本方針】

弊社は、会社法及び金融商品取引法で求められる内部統制システムの整備について、「内部統制 システムの整備に関する基本方針」として定め、業務の適正化を図っております。

内部統制への取組み
他の取組みはこちら サービスメニューはこちら 拠点マップはこちら